当たり前にゴミ拾いができる社会を祈って書いた雑感

グーグル広告

スポンサーリンク



川沿いや公園で

ゴミ拾いをする人ってたまに見かけませんか?

地域のために自分の時間を使っていて

えらいなぁ、感心するなぁ

そんな感想を持ったことがあるのは私だけではないはず。

この記事ではゴミ拾いについて

思っていることを書いていきたいと思います。

まず、ポイ捨てをするのはやめて!

誰しも自分が住んでいる街がゴミで溢れていたら

嫌な気持ちになりますよね。

中には何とも思わずにポイ捨てする人もいて…

そのゴミを私はポイ捨てした人に投げつけてやりたい!(笑)

私は以前お付き合いしていた男性が

外でタバコを吸っていたと思ったら

ポイッと吸い殻を捨てていて

百年の恋も冷めるようでした(笑)

勿論、拾いなさい!と言ってきちんと捨てさせました。

ゴミ拾いってどういう人がするの?

「ゴミ拾い」という言葉を調べると

街や、海岸、河川など公共的な場所に落ちているゴミを拾うこと。清掃や掃除とも呼ばれるが、ボランティアにより行われる場合にはゴミ拾いと呼ばれることが多い。

‥と記載されています。

ゴミ拾いは、色んな人がやっています。

ボランティア団体の活動に参加すると

ゴミを拾いながら色んな人と会話ができます。

動機は人それぞれ、年齢も性別もバラバラ、

色んな人が集まって同じ目的でゴミを拾う。

多世代と交流するいい機会になりますよ。

ちりも積もれば…ゴミ拾いの習慣

私が住んでいる地域はド田舎なので

道路にゴミが落ちていることはあまりありません。

公園で遊んでいても

子供もゴミを持って帰ってきます。

そして、一ヶ月に一度早朝に町内の清掃活動があります。

参加できない時は

家の近くの散歩コースでも

気がついたところのゴミ拾いは行うようにしています。

綺麗な状態の場所が多いから

ゴミが落ちているとすごく目立つんですよね^^;

それも一つのいいことだと私は思います。

「落ちていたら拾う」

私が小さい時も親に教えられたし

自分の子供にもそう教えています。

(中には、危険なものもあるかもしれないので

むやみに素手で触らないように気を付けてください)

意外と多い!一人でゴミ拾いしている人が半分以上!

町内で集まってゴミ拾いをしているところもあったり

身近なボランティアの団体に参加もありますが

なかなか時間が取れない人もいますよね。

中には一人でゴミ拾いしている人が多いんです。

ある調査によると

ゴミ拾いに関心のある人へのアンケートでは

半数以上の人が一人でゴミ拾いをする習慣を持っているそうです。

私もその一人です。

今は車での移動も多くなってきているので

もしかしたらゴミ拾い活動は

昔に比べて減ってきているのかもしれません。

健康のために毎朝散歩をしながらついでにゴミ拾いをしている人や

地域のためにボランティアをしたいけどなかなか時間を取れないという人もいます。

私はというと

娘を学校まで送るついでに一緒に歩きながらゴミを拾ったり

休みの日には子供と公園に行き

誰が一番早くゴミ袋いっぱいに集めれるかゲームをしながらゴミ拾いしてくることもあります。

一人でゴミ拾いをして

「あの人、なんで一人でゴミ拾いしてるんだろう」

なんてマイナスに捉える人はいないと思いますが

なかには変な目で見てくる人もいるかもしれません。

でも気にしないで!

悪いことや恥ずかしいことをしているわけではありませんよね?

多少は恥ずかしいと感じることがあるかもしれませんが

だんだんと慣れてきます(笑)

ひとりでゴミ拾いしている人が多い多摩川!それにはこんな理由が?!

調べてみると

海のゴミの半分以上は川を通じて

町から流れついたものだそうです。

海のゴミを減らすには、まず川を綺麗にする必要があります。

多摩川は土手も広く河川敷は雑草も伸びてきており

なかなかゴミを探すのも一苦労ですよね。

古いタイヤが捨ててあったり、自転車も置いてあったり、

花火大会の翌日にはものすごい量のゴミが捨ててあります。

何百人と集まっている場所で

ポイ捨て禁止!といってもなかなかそううまくいきません。

必ず、ゴミで溢れるはずです。

友人がポイ捨てしたとして

それを注意するのもされるのもいい気はしませんよね。

それなら、私は黙って友人がポイ捨てしたゴミを黙って拾います。

平気でポイ捨てする人は、私の経験上何度注意しても捨てます。

多摩川は人が多く集まる場所ですよね。

人が多く集まる場所はゴミだって増えます。

朝綺麗だと思っていても夕方になると

いつの間にかゴミであふれている状態も少なくないようです。

一人一人気付いた時に目の前のゴミを拾う

ただそれだけの習慣が

もっともっと世間に広まってほしい。

30分程度でもいい、散歩がてらでもいい、

遊びに行っているその時だけでもいい、

そこに無造作に捨てられたゴミを拾う習慣を

たくさんの人が持ってくれる世界になってほしい。

そんな思いを周りに広めていきたいと思います。

ゴミ拾いはただ地域に奉仕するだけじゃなく

本人にもたくさんのメリットがあります。

こちらのページを参照してください。

嫌々参加するなんてもったいない!ゴミ拾いにはこんなにメリットが!
PTAや地域活動で、 めんどうに思いがちなゴミ拾い。 せっかくの休みだから出かけたいとか、 ゆっくりしたいと思う人も多いでしょう。 私も以前はそう思っていました。 でもどうせ参加しなければいけないもの。 嫌々参加するのってつらいですよね。
グーグル広告

スポンサーリンク