昔話を読み聞かせたい!おすすめの本を紹介します!

グーグル広告

スポンサーリンク



誰でも一度は聞いたことのある昔話。

子どもたちに昔話を読み聞かせたいと考えている

親は多いのではないでしょうか。

今回は子どもたちに読み聞かせたい

昔話をまとめてみました。

子どもに読み聞かせたい!日本と世界の懐かしい昔話ベスト3

まずは日本の昔話からご紹介します♪

  • おむすびころりん

「おむすびころりん♪ ころころりん♪」

このフレーズがリズミカルで

こどもたちの心をつかみ

どっと笑いが起こることも!

こどもたちは単純でおもしろいお話が好きですよね。

  • うらしまたろう

うましまたろうは、

内容がワクワクするものですし、

海の中の竜宮城を表現する絵がとても美しく

イメージを膨らませます。

最後に浦島太郎がおじいさんになってしまうシーンに

子どもたちはびっくりしますよ。

  • はなさかじいさん

お話が単純でわかりやすく、

でもストーリー展開があり

たのしく読める絵本です。

正直者が得をするお話で、

正直であることの大切さもおしえてくれます。

続いて、誰もが知ってる世界の昔話です!

  • おおきなかぶ

「うんとこしょ、どっこいしょ」

繰り返しのストーリーで

子どもに理解しやすく

幼児期から楽しめる絵本です。

みんなで協力してなにかと成し遂げることも

おしえてくれる絵本ですよね。

  • ブレーメンのおんがくたい

いろいろな動物がでてくるこのお話。

保育園の劇などにもよく使われますね。

話も単純でわかりやすく

読んでたのしいお話です。

  • みにくいあひるのこ

年中~年長さんにおすすめです。

人と違うことを気にしだしたりする子どもたちに

それぞれの個性を認め合うことの

大切さを教えてくれる絵本です。

昔話の読み聞かせの教育効果とは!?

昔話の読み聞かせには

・現代とは違う世界感を想像する能力を高める

・話の中から教訓を学ぶ

などの効果があります。

たしかに昔話の中には

「嘘をついて損をする」とか

「最終的に正直者が報われる」などの

ストーリーがありますよね。

そういったお話から、子どもたちは

日常の生活で大切なことも学んでいきます。

昔話は保育園で読んでほしい!がママの本音?!

2児の母である筆者。

我が家では寝る前に絵本をひとり1つ読むようにしていますが

正直長い話は読みたくありません(笑)

なので、保育園でしっかりしたストーリーを

読んでもらえるととっても嬉しいです!

昔話はストーリーの起承転結がしっかりしているのも特徴。

保育園での読み聞かせの時間に

是非読んであげてほしいものです。

まとめ

いかがでしたか?

今回はおすすめの昔話についてまとめてみました。

昔話って、大人になっても心のどこかに残っていますよね。

思い出すと懐かしくなるものです。

幼いうちにたくさんの昔話に出会えるよう

いろんなお話を読み聞かせてあげてくださいね。