肌のうるおいを支えるコラーゲン!?その理由や効果を解説します

グーグル広告

スポンサーリンク



「あれ、最近なんだかお肌が乾燥気味??」

「いつもより肌の調子が悪いな」と感じたら

それはコラーゲン不足のサインかもしれません。

何事もそうですが、早めの対処が肝心です。

今回は大人の女性にとって重要なコラーゲンについてみていきましょう。

コラーゲンって、どんなことしてくれているの??

ネット通販や化粧品類でよく見かける「コラーゲン」

そもそも何をしてくれているものか

イマイチぴんと来ない方もいるのではないでしょうか。

ぷるぷるしたイメージがあると思いますが

弾力性があるコラーゲン、実は繊維成分なのです。

この弾力ある繊維によって、肌の組織同士の結合力を高めてくれます。

そのため、コラーゲンはお肌の調子=うるおいや弾力を

保ってくれる役割を果たしてくれるのです。

35歳からコラーゲンはどんどん減る!?アミノ酸の摂取が必要

加齢と共に、身体には色々な不具合が出てきますよね。

それと同じで、代謝が衰えていくと共に

体内のコラーゲンの質も下がっていってしまうのです。

20代が100%であるとすれば

その値が下がり始めるのが丁度35歳からに当たります。

放っておくと、下がっていく一方なのはお分かりになるでしょう。

その前にコラーゲンをどう補えばよいのかというと

アミノ酸を摂取することが大切です。

コラーゲンではなく、アミノ酸を摂取すべき理由

「コラーゲン」と呼ばれるものを口にした時

吸収されるまえに一度アミノ酸に分解されます。

そこからコラーゲンが体内でもう一度構築されるのです。

言ってしまえば二度手間となり、それだけ時間もかかるということです。

お肉・お魚・卵・大豆製品など

アミノ酸が多く含まれるたんぱく質群の食品を

バランスよく食べることがオススメです。

とはいえ・・・

忙しいなかバランスよく食べるのって

けっこー大変だったりしますよね。

こちらのこなゆきコラーゲンは

楽天で62,500レビューをされている

超人気サプリメントです。

気になったら見てみてくださいね^0^

コラーゲンは髪にも効果あり!?その効果とは

皮膚の一階層にあたる「真皮」と呼ばれる場所は

コラーゲンが主成分であり

髪の根っこにあたる「毛包」などが存在します。

つまり、真皮の健康状態によって、髪質も左右されるということです。

科学雑誌「サイエンス」でも取り上げられた論文(「加齢による薄毛・脱毛と17型コラーゲンの関連」)でも

「人体に存在するコラーゲンには白髪と脱毛を抑える働きがある」

という旨が述べられています。

コラーゲンの減少・増加によって

髪の太さ・ツヤ・滑らかさにも影響がでるという

実験結果も出ているそうです。

髪が痛んでうねっていたり

パサつきや白髪が目立ってしまうと

見た目年齢も下がってしまいますよね。

コラーゲンが美容にとっていかに重要なものであるか

お分かりになると思います。

髪の毛や頭皮の健康を気にするあなたには

こちらの記事もおすすめです。

豊かな髪を叶える!?HANAオーガニックのリセットシャンプー
40代・50代のみなさん、白髪染めしてますか?加齢とともに髪に迫る様々なダメージやリスクによって生じる悩みを解決してくれる商品が、HANAオーガニックさんから発売される「HANAオーガニックのリセットシャンプー」です。その内容をご紹介します。

【まとめ】

ここまでみてきましたが

「美容の天敵はコラーゲンの減少」ということが判明しましたね。

加齢による老化は止めることができませんが

遅くすることはまだまだ可能です。

良質なたんぱく質をバランスよく取り

お肌や髪の調子を良くする心掛けが大事になってきますね。