大事な初節句!家族だけでやるのはアリ?!ナシ?!

グーグル広告

スポンサーリンク



大切なわが子の成長を祝う、初節句

できることなら

おじいちゃんおばあちゃんも呼んで

盛大にお祝いしたい!

ですが、実家も義実家も遠方の場合

なかなか難しいですよね。

私は2児の母ですが、

どちらも家族だけで

初節句のお祝いをしました。

核家族化が進んでいるので

家族だけで初節句のお祝いをする家庭も

多いですよね。

でも、どんな形でも

わが子の成長を

お祝いする気持ちはみんな同じです!

今回は、家族だけで

初節句のお祝いをするときの

ポイントをまとめてみました。

これだけは押さえておきたい!初節句の伝統的なやりかた!

そもそも初節句とは、

こどもが生まれてから

初めて迎える節句のことで、

男の子の場合は5月5日

女の子の場合は3月3日です。

女の子の節句の基本

3月3日は雛祭り、

桃の節句と呼ばれ、

女の子の健やかな成長を願うもので

ひな人形を飾ってお祝いします。

飾るのがギリギリになってはいけません。

節句の前夜に飾るのは

縁起が悪いとされています。

ひな人形を飾る時期は、

だいたい立春を過ぎた頃から。

また、3月3日を過ぎたら早めにしまいましょう。

ひな祭りで欠かせないのが

菱餅とひなあられです。

菱餅は紅・白・緑の

縁起の良い色が重ねられた餅

その色合いは、まさに雛祭り。

必ず用意しましょう。

その他に縁起の良い食べ物として

ちらし寿司や、

はまぐりのお吸い物があります。

男の子の節句の基本

5月5日はこどもの日、

端午の節句と呼ばれ、

男の子の健やかな成長を願うもので

鎧兜やこいのぼりを飾って

お祝いします。

飾る時期は、

だいたい春のお彼岸明け頃から。

また、5月5日を過ぎたら

早めにしまいましょう。

ひな祭りのように

定番の食べ物は特にありませんが、

柏餅やちまきは、

端午の節句に

よく食べられているようですので

用意しておくと良いでしょう。

初節句を家族でやったときの内祝いってどうするべき?!

そもそも初節句のお祝いを頂いた方を

おうちに招いて食事をふるまい、

お礼するというのが基本です。

なので、

本来の風習では内祝いは不要

なのですが

お祝いの席にお招きできない場合は

内祝いを贈ることになります。

初節句の内祝いは

紅白のお砂糖が定番ですが、

頂いた額の半額程度を

予算にして、

相手の好みのものを選んでもOKです。

ただ初節句のお祝いを頂くのって

おじいちゃんおばあちゃんや、

兄弟などの親しい身内ですよね。

たぶんお祝いを贈ってくれた側も

お返しの品に期待しているわけではないでしょう。

マナーとして内祝いは必要ですが、

それに付け加えて

初節句のときの子どもの写真などを

同封すると喜ばれますよ。

まとめ

いかがでしたか?

今回は初節句を家族だけでする場合の

ポイントをご紹介しました。

おじいちゃんおばあちゃんからは、

孫可愛さで結構な額の

お祝いを頂くことがありますが、

初節句の場合は、絶対半額返し!

と気負わなくても大丈夫です。

みんなで子どもの成長をお祝いする気持ちを

共有できたらいいですね。