楽器の習い事ってどんなのがあるの?!子供にこれを勧めたい!

グーグル広告

スポンサーリンク



楽器の演奏がうまくなることで、

将来役に立ったり趣味になったり

もしかしたら才能を発揮してプロになったりして?!

近年人気が出ている、楽器の習い事。

実は脳のはたらきを活性化したり、

感性を豊かにする効果もあるって

知っていますか?

今回は楽器の習い事の中で

定番なものからちょっと変わってる?なんてものまで

ご紹介します!

楽器の習い事を子供にやらせたい 人気ランキングベスト5

第1位 ピアノ

やっぱり1位は王道のピアノ。

大手の教室から街の個人教室まで規模も様々ですが、

楽器教室の中では一番数が多く、

お子様に合った教室を選べるのも魅力です。

ピアノを弾くためには、脳の機能をフル活用

する必要があり、頭の回転が良くなるとか、

賢い脳の基礎を作る!とも言われており

女の子はもちろん、男の子も習う子が増えています。

第2位 エレクトーン

ピアノと違う点は、

鍵盤が軽く多彩な音色を奏でられることです。

「電子オルガン」というとイメージしやすいでしょうか。

幼い子供の力でも弾くことができるので

幼稚園くらいの子でも、通っている子は多いですね。

ピアノと同じく脳の機能をまんべんなく使い

脳を活性化する効果があるようです。

第3位 ギター

ギターを弾く姿はとてもかっこいいですよね。

男の子を中心に人気が出ている習い事です。

ギターはコードを覚えたり、

指の動きが難しかったりするので

習得するのにかなり努力が必要です。

小さい頃から習っておくことで

何事も諦めない心も育ちそうですね。

第4位 ドラム

ドラム教室は数が少ないので

近くにあるという方はラッキーかもしれません。
ドラムのいいところは、

リズム感を養うことができること。

男の子を中心に親がバンド好きだったり

子ども自身がバンド活動をしたい!

というときにオススメです。

第5位 バイオリン

基本的に小学生から受講できる教室が多いようです。

バイオリンを習っているというだけで

品良く育ちそうな気がしますね。

小学生のうちからクラシック音楽に触れることができます。

月謝が高いんじゃない?と思いますが

近年の人気でリーズナブルな料金を

打ち出しているところもあるようですよ。

楽器の習い事っていくつからやらせたらいいの?ベテランお母さんに本音を聞いてみた!

Aさん

娘は4歳のときにエレクトーンを始めました。

年少クラスだったので

エレクトーンを演奏するだけでなく

みんなで歌を歌ったりする感じでした。

幼稚園のお歌の時間も楽しくなったみたいです。

小学校入学を機にエレクトーンから

ピアノに乗り換えました。

現在8歳になりましたが音感や

リズム感もついていると思います。

Bさん

習い事には積極的ではなかったのですが

息子が小学校5年生の頃、

友達の影響で自分もギターを習いたいと

言い出しました。

今まで自分からなにかしてみたいとかは

少ない子だったのでやらせてみましたが

家でもギターばかりやっています。

なにかに夢中になっている姿を嬉しく思っています。

Cさん

娘には小学校に入ったらピアノを習ってほしいなと

思っていました。

私は保育士になるために高校生から

ピアノを習いはじめました。

それと比べると娘は覚えがとても早かったです。

やっぱり幼いうちのほうが、

なにかと吸収が早いんだろうなと思います。

今は中学生になりましたが

クラス合唱の伴奏もこなし、

ピアノが弾けることが

本人も自信になっていると思います。

まとめ

いかがでしたか?

今回は音楽の習い事についてまとめてみました。

どんな習い事をするにしても、

子どもに合う合わないがありますよね。

是非この記事を参考に、楽器の習い事を

考えてみてくださいね。