バレンタインチョコの渡し方は!?小学生に教えるおすすめの方法とは?

グーグル広告

スポンサーリンク



バレンタインの時期が近づくと、女の子たちのあいだではその話ばかりになりますよね。

また、女の子を持つママとしても娘のバレンタインは一大イベントです。

相手があることなので、男の子ママへの配慮も必要になります。

友チョコ交換も楽しいけど、やっぱり気になる男の子に本命チョコを渡したい!

今回はバレンタインを前に悩める女子たちと、それをサポートしたいママたちに

バレンタインの渡し方と、ポイントをまとめてみました。

バレンタインチョコの渡し方3選

最近では、チョコの持ち込みを禁止にしている学校がほとんどです。

ママたちが小学生の頃は、禁止している学校は少なかったのではないでしょうか。

じゃぁどうやって渡したらいいの?と頭を悩ませますよね。

実際にみんながしているバレンタインチョコの渡し方を調べてみました。

  1. 直接家に持っていく

正々堂々、直球勝負!

直接家まで持ってきてくれることで、

「自分のために来てくれた!」と、男の子は喜びます。

また、男の子の母親としても、こそこそしない健全な付き合いが好印象です。

女の子ママは事前に男の子ママに連絡をとって、

チョコを渡したいということと、都合がいい時間を聞いておいたほうがいいでしょう。

  1. 家のドアにかけておく

家の場所はわかるけど、どうしても直接渡す勇気がない!

という女子におすすめの方法です。

誰からのチョコかわかるように、メッセージを添えておきましょう。

  1. 公園で待ち合わせする

1対1で待ち合わせをするのはハードルが高いですが、

友達いっしょに大人数で集まって交換会をするのなら、

わりと渡しやすいやり方ではないでしょうか?

なにを渡せばいい?!チョコ選びで気をつけたいポイント

  1. 高級品は避ける

どうせならいいものをあげたい!という気持ちはわかりますが。

ホワイトデーのお返しは、同等かそれ以上を用意しようとするのが

男の子ママの本音。負担になるようなお高いチョコレートは避けましょう。

  1. ラブリーなラッピングは避ける

女の子が好むピンクやハートの可愛らしいラッピングは、

男の子には不評なことも。

男の子ママも、そのブリブリ感に少し引いてしまう。という意見も…

ラッピングはシンプルなものを心がけましょう。

  1. メッセージカードを添える

普段男の子は手紙なんてもらう機会がほとんどなく、直筆のメッセージカードはとてもうれしいものです。

短い文章でもいいので、なにかメッセージを添えるようにしましょう。

鈍い男の子に本命チョコと気づいてもらう方法

一般的に小学生の男の子は女の子に比べて、考え方が幼く、

まだまだ恋愛感情というものがよくわからない時期です。

ではそんな男子に本命チョコと気付かせる方法。

それはただひとつ。「好き」という気持ちを伝えること!

直接言うのが難しい場合はメッセージカードに書いてもいいです。

とにかくはっきり伝えてみましょう。

それまで何とも思っていなかったのに

バレンタインにチョコをもらって告白されたことで、

急にその女の子のことを意識し始めた!

なんて話もちらほら聞きますよ。

まとめ

いかがでしたか?

バレンタインは女の子にとってドキドキの一大イベントですよね。

好きな男の子に気持ちを伝える最大のチャンスです。

是非思いきって、「好き」と伝えてみてはいかがでしょうか。