新生児をインフルエンザに感染させないためにママが気をつけること

グーグル広告

スポンサーリンク



インフルエンザの季節がやってきました。

もう予防接種は打ちましたか?

家に新生児がいるママは、

もしもうちの子がインフルエンザに感染してしまったら・・・

そんな不安を抱いたことがきっとあるはず。

この記事では新生児とインフルエンザの関係を解説していきます。

目次

・インフルエンザにかかった新生児の症状

・インフルエンザを新生児に感染させないためには?

・インフルエンザにかかった新生児の治療と対処法

インフルエンザにかかった新生児の症状

ネットで検索してみると

自分の新生児がインフルエンザにかかってしまったという

ママの辛い報告を見かけます。

赤ちゃんは生後6ヶ月ほどはママの免疫力の効力で

簡単には病気にかかりません。

インフルエンザだけは別。

特に新型インフルエンザは、感染した人しか抗体を持っていません。

家族がインフルエンザに感染した場合などはリスクが高いといえます。

インフルエンザの症状ですが

赤ちゃんの体調が悪そうと感じて熱を測ったときに

38度を超えてくるとインフルエンザの可能性があります。

ただし

新生児は自分の病状を表現する能力がまだ未熟です。

小学生くらいになれば

吐き気、めまい、食欲不振、立ちくらみ、熱っぽさ、セキ、などなど

様々なインフルエンザの症状から体調の悪さを感知することができます。

新生児の場合

例えば泣き止まなかったり、逆に泣き喚いたり、鼻水が出たりなどで

自己表現はできるかもしれません。

それが体調の悪さと気付くことは難しいところもあるでしょう。

風邪に比べて症状が激しいインフルエンザは新生児にとっても非常に重く

悪化させてしまうと脳症などの合併症を起こすこともあるとか。

症状の少ない赤ちゃんのインフルエンザにまず気付いてあげることが大切です。

次のようなときはまず

体温計で体温をはかってあげてください。

・元気がないと感じるとき

・触ったときに熱っぽいと感じるとき

・顔色が悪いとき、赤すぎるとき

・寝つきが悪いとき

・よく吐いてしまうとき

インフルエンザを新生児に感染させないためには?

インフルエンザの流行シーズン

どれだけ気をつけてもどこかしこで流行しています。

新生児のいるご家庭では

それまで以上に感染対策に取組んでいらっしゃると思います。

それでもパパママがインフルエンザにかかってしまった・・・

そんなときに知っておきたい、

2つの感染ルートと、その感染を防ぐ対策についてご紹介します。

飛沫感染

1つ目の感染ルートは飛沫(ひまつ)感染です。

感染者がくしゃみ、咳をしたり、唾などの飛沫(飛び散った液体)と一緒に

ウイルスが放出されることを言います。

この飛沫を別の人が口や鼻などから吸い込んで

ウィルスが体内に入り込んでしまうのですね。

こういった感染をしやすい場所は

学校、電車など人が多く密集するところです。

飛沫感染を防ぐためには、

感染者も、未感染者もマスクをすること。

新生児であれば感染者を隔離することなどが対策になりますね。

接触感染

2つ目のルートは接触感染です。

感染した人が自分の体液を色々なところに接触してしまい

付着したウィルスを間接的に体内に取り込んでしまうことを言います。

クシュンとくしゃみをするときに手で口をおさえて、

その手でドアノブを回したパパ。

そのドアノブを後で触ったママの手にウィルスが移っちゃいますよ!

こういった感染をしやすいのは

電車やバスのつり革や、部屋のスイッチなど。

接触感染を防ぐためには、

こまめな手洗いを心がけましょう。

ウィルスは石けんに弱いので

しっかり洗えば必ず対策になります。

爪のなかには菌がたまりやすいので

この時期は清潔に切っておきましょうね。

新生児は手を食べて遊んでしまいますよね・・・

なので対策はこちら。

・新生児の手の届く範囲に大人が触れるものを置かない

・気がついたら手を拭いてあげる

・よく触れるおもちゃなどは抗菌ティッシュなどで拭く

その他の対策

その他、簡単にできる対策はこちら。

①予防接種を受ける

大人はこれですね。

新生児のいるご家庭には、

必ず予防接種をおすすめします。

②部屋の湿度に気をつける

乾燥しやすい室内では、

のどの粘膜の機能が低下しています。

部屋の湿度は60%前後に保ちましょう。

③ともかく隔離

インフルエンザに感染している大人とずっと同じ空間にいるのは危険です。

パパもママもダメという事態になったら、

例えばおばあちゃんに預けるのはどうか?

色々と検討してみましょう。

インフルエンザにかかった新生児の治療と対処法

これだけ色々と気をつけても

やはり感染してしまうということはあるでしょう。

実際かかった人の体験談などを読んだ結果を

まとめていきたいと思います。

1) 病院に連れて行くこと

発熱が悪化したり

意識障害、痙攣など重度の症状が見られたら

必ず病院に連れて行きましょう。

タミフルなどの抗ウイルス剤を適切に服用することで

重篤化を軽減させることがあります。

薬は大人とは飲める量が全く異なるため

家庭用の薬剤を新生児に与えるには

知識のある人に必ずアドバイスを求めましょう。

2) 水分補給をこまめに

インフルエンザにかかり高熱になると

水分がどんどん失われていきます。

新生児は自分から水分を摂ることはできません。

パパママが進んで水分を与えましょう。

アカチャンホンポなどによく売られている経口補水液を哺乳瓶に入れて

定期的に飲ませてあげるといいと思います。

湯冷ましでもいいですね。

3) 外出は控えましょう

インフルエンザが完治しても

抗体が大人と同じように作られるかはわかりません。

体力が落ちている病後はなおさら

様々な病気にかかりやすいと言えます。

一週間ほどは外出を控え

家の中で安静にしましょう。

まとめ

冬が来るたびに流行するインフルエンザ

大切なお子さんがとてもか弱くとても可愛い今の時期だからこそ

しっかりとケアしてあげましょう

インフルエンザにかかった時に授乳を続けていいかを紹介した記事はこちら

インフルエンザにかかったけど保険証がない時の対処法はこちら

部屋の湿度を上げる方法をまとめた記事はこちら